Author Archive

食べ過ぎによって生じる影響を最小限にいするダンベル方法

テクスチャー10普段はダイエットのために食事の量には気を付けているという人でも、その時期を逃せば食べることが難しい好きな食べ物が目の前にあったり、親しい人との食事の席で盛り上がったりした場合など、ついつい食べ過ぎてしまうということは珍しくないでしょう。食べ過ぎてお腹が出るなどの影響を最小限にするためには、食べ過ぎた日の翌朝のケアが肝心となります。近年ダイエット関連で注目されている体幹を刺激することで代謝を上げ、腹筋を使って運動をしてお腹の部分痩せを図るのが効果的です。特にダンベルを用いた運動をすると、適当な負荷をかけることができるためさらに効率よく部分痩せをすることができます。その方法の一つがダンベル二ータッチで、まず足を軽く開いて両手でダンベルを持ち、胸の前に腕を伸ばした状態から右足を後ろに引いて左膝を曲げます。次にお腹の筋肉を意識しながら右足を上げ、バランスを取りながら膝と腕をくっつけ、ゆっくりと元に戻すという運動を十五回程度繰り返し、次に足を反対にしてもう1セット行います。またダンベルピーコックという方法も効果的で、まず右膝を床に付けて左膝を直角に曲げ、ダンベルを持った両手をまっすぐに持ち上げてキープします。その状態から右膝を床から上げて上体を起こし、そのまま右足を腰と同じ高さまで上げて伸ばしてから戻します。これも15回程度、さらに足を反対にして行います。

お腹痩せ編

テクスチャー09人間の筋肉は負荷をかけることでより筋肉量が増える仕組みになっています。ダンベルダイエットはそうした肉体の作用を利用し、同じ運動量でも効果的に代謝を上げてダイエットをすることを考えて考案されました。
家でも簡単にしかもスペースを使わずにできるこの運動は、場所を選ばず手軽な道具だけで運動できるところが魅力です。そしてこのダイエットの良さは手軽さだけではなく部分痩せも狙えるところにあります。他の食事制限や健康食品では難しいパーツごとのダイエット効果も、このダンベルダイエットなら充分可能です。
でも、お腹のたるみや出っ張りにダンベルで負荷をかけることなんて不可能なのでは、という人もいるかもしれませんが実はそんなことはなく、上手にウエイトを使いながらやれば普通に運動する以上の効果を上げることもできるのです。
お腹の引き締めに効果がある運動も何通りも考案されており、ダンベルを持った状態でそれらをメニュー通りに毎日繰り返していくだけなので簡単です。特別な技術も体力もいらないので年齢や性別に関係なく運動することが可能です。地道に続けること、それだけで思い通りの引き締まったボディラインを手に入れることができるのですから試す価値はありますね。

ふくらはぎ引き締め編

テクスチャー08ほっそりとしたバランスの良い足にするためには、かっこいいふくらはぎが欠かせません。ぽっちゃりとしていると言うことであれば、引き締めていきましょう。ダンベルを使って効果的に細くすることができます。

まずは、椅子に腰かけます。そして、膝の上にダンベルを乗せます。重さは、あまり重すぎる必要はありません。最初は軽めのダンベルにして、徐々に重たいダンベルにしていきましょう。そして、床に段を置きます。かかとが出る状態にしましょう。この状態で、かかとを上下していきます。

一見、あまりふくらはぎに効くような感じがしないかもしれませんが、これが効果的です。足元に置く段は、コミック誌などでも構いません。かかとの上げ下げができるちょうど良い段になるものを使ってください。ダンベルがなかったとしても、足に負荷をかけるために何か重たいものを膝に置いてください。

膝はとてもデリケートな場所です。けがをしやすい場所ですし、痛めている人は無理に行わないようにしてください。ダンベルでは重たすぎると思ったら、もう少し軽いものを膝に置いても構いません。続けていけば、バランスの良い引き締まった足を手に入れることができるでしょう。根気よく続けてみてください。

背中痩せ編

テクスチャー07意外と背中にはたっぷりと脂肪がくっついているものです。あまり普段から意識して動かすようなことがない場所でもあります。また、猫背になってしまうことで、使われるはずの筋肉をあまり使わなくなってしまい、筋力が衰えて脂肪が蓄積されていることもあるでしょう。

どうやってエクササイズをするか。ダンベルを両手に持って、まずは負荷をかけます。つらい人は最初はダンベルなしでも構いません。肩甲骨が動かすことを意識して、ダンベルを耳の後ろで上げ下ろししていきましょう。ヒジは直角に曲げた状態で上げたり下げたりしてみてください。肩甲骨がしっかりと動いていますし、背筋もピンと伸びます。この姿勢がとても大事です。背筋が伸びれば、背中の筋肉にも力が働いているので、使われるべき脂肪を燃やすことができます。

これを毎日10回1セットとして、数セットは行うと良いでしょう。二つのポイントを忘れないことが大事です。猫背のままでは肩甲骨がきちんと動かないでしょう。腕を耳の後ろ側で動かすことで、自然と姿勢がよくなります。背筋が伸びるので、猫背を解消することにもつながります。自分のできる範囲から無理をしないで行い、慣れてきたら回数を徐々に増やしましょう。

二の腕引き締め編

テクスチャー05夏は半袖を着る機会が多いので、二の腕の肉を引き締めたいと思う女性は多いです。腕のたるみは自宅でダンベルを使って筋トレをする事で引き締める事が出来ます。少しずつでも良いので毎日続ける事が大切です。
初めてダンベルをする人は、あまり重い重量から始めると怪我の原因となりますので、最初は軽い重量から始める様にしましょう。
まずは、片膝と片肘を椅子などに乗せて前傾姿勢をとり、もう片方の手にダンベルを持ちます。ダンベルを持っている腕を90度に曲げて、肘を動かさない様に腕を背中側の方へ押し上げます。この時、腕が肩より上へいかない様に、肩と平行の高さになる所で止めます。無理に高く上げると腕を痛めてしまいます上がるところまでで結構です。余裕があればそこでしばらく静止をしてから、ゆっくりと元の位置へ戻します。戻すときには勢いをつけない様に、ゆっくりと下ろす様にして下さい。この筋トレをする時には常にどこの筋肉を使っているのか意識をしながら行います。これを左右の腕両方行います。1回に数セット行うと効果的ですが、あまり無理をしない様に順番に回数を増やしていきましょう。一度に沢山行うよりは、1日のうちで時間を見つけてこまめに行う方が良いです。

ダンベルダイエットのポイントについて

テクスチャー04ダンベルダイエットをおこなうときには、ポイントも存在しています。
ダンベルを使って運動する時、まず重要になるのが姿勢を正しながら行うということになります。
猫背のままで運動を行っても、上半身の筋肉を伸ばすことはできませんので、運動の効果も半減してしまのです。
また、猫背のまま運動すれば、つけたい部分にうまく筋肉をつけることができなくなりますので、理想的な体を作ることもできません。
間違った姿勢のまま運動しても体を痛めてしまいますので、姿勢を伸ばした状態で運動するようにしましょう。
また、運動を行った後には、アフターケアにも力を入れる必要が出てきます。
運動したとき、ダンベルの負荷によって筋肉にも負担がかかっていますので、ストレッチを行って筋肉にかかっている負担を軽くしておく必要があるのです。
ダンベルを使った後、そのまま何もせずに過ごしてしまうと、筋肉に痛みを感じたり、筋肉痛が長く続く状態になってしまいますので、必ずストレッチを行うようにしましょう。
ストレッチを行うことで、筋肉にかかっていた負担を取り除けるようになりますので、炎症を防止することが出来たり筋肉痛が起こってしまうことも防止できるようになります。

重さの選び方

テクスチャー06ダンベルダイエットはダンベルさえあれば自宅で気軽にする事が出来ますし、準備も簡単ですので男性にも女性にも人気のダイエット方法です。
しかし、このダンベルの重さの選び方を間違えてしまうと、体を痛めてしまう恐れがありますので注意が必要です。商品を選ぶ時に最初から重量が決まっている物と、おもりを自由に付け替えて重量の調整が出来る物がありますが、おもりの調整が出来る商品の方が自分のレベルに合わせて使えるので使い勝手は良いでしょう。
ダンベル初心者の方は、自分がどれぐらいの重さを選んだら良いのか解らないと思いますが、最初は軽いものから始めましょう。いきなり負荷が高いものから始めると怪我の原因になりますし、ダイエットも長続きしません。最初に選ぶ重さは10回持ち上げるのが精一杯ぐらいの物かそれよりも軽い物が良いです。ダンベルダイエットは同じ動きを1回に数セット行いますので、負荷が軽くてもゆっくりとした動きで回数を増やせば筋肉は付いていきます。重いダンベルで速い動きの筋トレをするよりはその方が効果的です。重たいダンベルを持つ事だけが増やす方法ではありません。自分で筋トレをする中で、物足りなくなったら順番におもりを増やしていけば良いのです。

ダンベルの種類

テクスチャー03ダンベルを用いたダンベルダイエットは、限られた狭いスペースであっても、その場所が屋外や室内でしかできないなどの問題にも、左右されず行うことができる効果的な有酸素運動です。
ダンベルダイエットは体脂肪燃焼に有効な運動ですが、その効果を得るためにはダンベルの種類を把握し、最適なダンベルを見つけることが、ダンベルダイエットの効果をより確かなものにしてくれます。
いきなり重さの大きいダンベルを選ぶことは、腰を痛めたり怪我の原因になったりするので避けるのが無難です。
覚えておきたいのは、男性ならば3キロの前後のダンベルの重さを、女性ならば1キロ前後のダンベルの重さが最も適しているということです。
また、初めてのダンベルダイエットとならば、手からダンベルが抜け落ちる可能性も考慮して、ベルトがついたダンベルがお勧めです。
ダンベルをスポンジで包むことで、触り心地が柔らかくなったダンベルや、コンパクトなダンベルも、初心者を始め女性の方にも最適でしょう。
ダンベルを手にする際は、一度10回から15回程度自身で持ち上げる動作を行い、その回数を行うのがやっとだと感じる程度の重さも、使用に適したダンベルの判断目安になります。

ダンベルダイエットのメリットについて

テクスチャー02数あるダイエット方法の中でも自宅で手軽に出来る方法として男女を問わず根強い人気を誇るのはダンベルダイエットです。人気の理由の一つは身体の基礎代謝を向上させることが出来るという点です。筋肉量が多いと日常生活の些細な動きでも脂肪を燃焼させてカロリーを燃やすことが出来るため、筋肉量が多い人はその分基礎代謝が高くて痩せやすくなるのです。ダンベルダイエットでは腕や足、背中などの筋肉を効率よく鍛えて筋肉量を増やせるため効果的です。
また、自宅で好きな時に出来る運動というのも大きなメリットです。安いダンベルを購入するか、飲み終わったペットボトルに水を入れてダンベル代わりにすれば準備が出来るので、ジムに通うなどのダイエットにかかる費用を大幅に節約することも可能です。
筋肉量が少ない人は無理をしない程度にトレーニングを行うと良いでしょう。筋肉は修復と成長を繰り返すため、毎日トレーニングをするよりは1、2日間をおいて筋肉を休ませてからトレーニングを行うと効率的に筋肉を鍛えることが出来ます。ダンベルの重みで手首などの関節を痛めないように、ストレッチやクールダウンを念入りに行ってケガをしない程度にトレーニングを行う事が大切です。