食べ過ぎによって生じる影響を最小限にいするダンベル方法

テクスチャー10普段はダイエットのために食事の量には気を付けているという人でも、その時期を逃せば食べることが難しい好きな食べ物が目の前にあったり、親しい人との食事の席で盛り上がったりした場合など、ついつい食べ過ぎてしまうということは珍しくないでしょう。食べ過ぎてお腹が出るなどの影響を最小限にするためには、食べ過ぎた日の翌朝のケアが肝心となります。近年ダイエット関連で注目されている体幹を刺激することで代謝を上げ、腹筋を使って運動をしてお腹の部分痩せを図るのが効果的です。特にダンベルを用いた運動をすると、適当な負荷をかけることができるためさらに効率よく部分痩せをすることができます。その方法の一つがダンベル二ータッチで、まず足を軽く開いて両手でダンベルを持ち、胸の前に腕を伸ばした状態から右足を後ろに引いて左膝を曲げます。次にお腹の筋肉を意識しながら右足を上げ、バランスを取りながら膝と腕をくっつけ、ゆっくりと元に戻すという運動を十五回程度繰り返し、次に足を反対にしてもう1セット行います。またダンベルピーコックという方法も効果的で、まず右膝を床に付けて左膝を直角に曲げ、ダンベルを持った両手をまっすぐに持ち上げてキープします。その状態から右膝を床から上げて上体を起こし、そのまま右足を腰と同じ高さまで上げて伸ばしてから戻します。これも15回程度、さらに足を反対にして行います。

Comments are closed.